「パパママ大作戦」

【要約】

今年度の大学祭では、餃子とフランクフルトで出店し、「パパママ大作戦」に6万円(5人分)の支援をすることができました❗


…………………………………………………………………………………………………

今年度の大学祭は、20・21日に愛知教育大学で開催されました。

例年、大学祭では「パパママ大作戦」というプロジェクトに支援をしています✌
「パパママ大作戦」の詳しい説明はページ最下部のリンクをご参照下さい。

簡単に言いますと、

カンボジア郊外の貧しくて学校に通うことができない子達に対して、一人当り1万2000円で1年間、安心して学校に通える場を提供する奨学金制度です。


今年度から、物価の高騰に伴い、支援金が2000円増額しました。
近年、経済発展が著しいカンボジアですが、物価の高騰により、貧しい家庭ではより一層、教育への投資ができにくい状態になっていると考えることができます。
「教育」は国や人々の暮らしが好転するのに必要不可欠な条件となります。

私たちは以上のような思いで、毎年(2013年度より)支援してきました。
支援人数が減ってきてしまっているのは心苦しいですが、様々な要因が重なった影響ですので、ご理解頂けると幸いです。
【参照】
2014年度支援人数…10人
2015年度支援人数…10人
2016年度支援人数…8人

さて、前置きが長くなりました。
今年度は様々な理由により、毎年大好評🍀恒例のトルティーヤ😃は出店できず😵、
餃子とフランクフルトの販売👌となりました。

いつにもまして、不安な気持ちで営業していきましたが、
無事、目標の

5人支援

を達成することができました🎊。
ご理解・ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。

さて、この活動に関する私の考えを少し述べたいと思います。
販売をするなか、価格の高さに驚いた方もいらっしゃるかと思います。
私たちの宣伝不足の面もあるかとは思いますが、確実に「パパママ大作戦」で支援した子どもを継続支援をすることができるよう、あの価格設定となっております。
「教育は継続性が必要」だと私は考えております。
継続支援ができず、1年だけの教育は未来へつながる「教育」となりえるのでしょうか?
「パパママ大作戦」の支援は具体的で、毎年1年間学校に通えたことを証明する奨学証や子どもたちからの感謝の手紙も届きます。
彼・彼女たちは残念ながら教育の機会を奪われてしまっています。
そんな彼・彼女たちは「教育」の楽しさや大切さを知っています。
この点をご理解いただき、来年度以降もご協力頂けますと幸いです。

長くなりまして、申し訳ございませんでした。
一人でも多くの子どもたちが「教育」を受けられることを切に願って…

【担当:がっしー】

※本ブログに関しましては、ご意見・ご感想を承ります。
「お問い合わせ」よりご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
※本ブログの執筆者はがっしーです。
本文の責任は一切がっしーにあります。

愛知教育大学 国際ボランティアサークルHearts(YEH愛知)

私たち愛知教育大学 国際ボランティアサークルHearts(YEH愛知)は、「国際協力」をキーワードに学内を中心に学外でも活動しています。 「国際協力」・「飢餓」・「貧困」…などに興味のある皆さん、ぜひ私たちと一緒に活動してみませんか?知識や経験は問いません。お互い助け合って、楽しく活動をしています。また、お気軽にお問い合わせフォームにてご連絡ください。

0コメント

  • 1000 / 1000